Rosa und Marineblau(桜色と紺色)

あるセレサポの一喜一憂する日々
プロフィール

GOING!

Author:GOING!
ホームではバックスタンドで、(たまの)アウェイではゴール裏で応援してます。

本ブログ掲載写真の個人利用はOKです。
撮影者の意図に反する加工等はNGとさせて頂きます。

ブログ内検索

カテゴリー+月別アーカイブ

 

フリーエリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20140211 Tue
サポコン2014(その1) 

サポコン2014(その1) 



先日、2年振りにサポコンに参加してきました。
午前中から大勢のサポーターが行列を作って…と覚悟を決めて現地に到着すると以外にも
並んでいる方が少ない…一瞬、列の場所を間違えたかな?と焦りましたが同時刻に舞洲で
トップチームの練習があったんですね〜。

あ、本記事の写真、コメントは「クラブが公開している」事を基準にしております。


rum20140209_sapocon2.jpg

会場となった中央公会堂大ホールは歴史を感じさせる佇まい。
キャパ1000人の会場ですが2階席どころか立ち見も出る盛況振りです!


rum20140209_nishikawakun1.jpg

司会進行はこの方!今シーズンも宜しくお願いします!
フォルランをはじめ、新加入選手達のコール&レスポンスも気になるところです。


rum20140209_throwgun.jpg

先ずは岡野社長の挨拶と今シーズンのスローガンがお披露目されました。


rum20140209_takeda1.jpg

続いて新加入選手達がサポーターに紹介されます…先ずは北九州から加入した武田選手。
J2で通算200試合近く!も出場している経験豊富なGKです。


rum20140209_someya1.jpg

京都から加入した染谷選手。沖縄キャンプに於いてコータ、ヤマ…CB2人のコンディション
不良が伝えられる中、彼に掛かる期待は大きい。


rum20140209_aria2.jpg

FC東京から加入した長谷川アーリアジャスール。
おそらくフォルラン以上に彼が今シーズンのキーマンになるのではないでしょうか?

昨シーズン、シンプリシオが担っていた「ボールを中盤で収め、的確に展開し、良い形でFWに
ボールを供給する」役割を果たす事ができるか?がチーム躍進の鍵を握っていると思います。
あ、愛称は「アーリア」で良いのでしょうか?


rum20140209_ryo2.jpg

そしてオーストラリアAリーグのパースグローリーから復帰した龍!
会場のあちこちから「お帰り!」の声があがります。
今シーズンこそ待望の「長居で永井」のゴールを見せてくれ!


rum20140209_andoh2.jpg

染谷選手と共に京都から加入した安藤選手。SBをはじめ様々なポジションでプレーできる
ユーティリティさは過密スケジュールを戦うチームにとっては頼もしい存在。そして眼力も
強いです。頼もしいです。


rum20140209_mitch1.jpg

日本語で挨拶してくれたミッチ選手。Aリーグのメルボルン・ビクトリーから加入。
オーストラリア代表として6月にブラジルのピッチに立てる様、ウチで活躍しまくって下さい。


rum20140209_kotani1a.jpg

セレッソU-15から関西大を経て再びセレッソとの契約を勝ち取ったCBの小谷選手。
染谷選手同様、出場機会が巡ってくる可能性は十分あります。昨シーズン練習生としてSUL等で
プレーしており普段の練習から連携面の強みをアピールしていってほしい。


rum20140209_takeru1.jpg

長野パルセイロから復帰した武瑠。
長野で良い経験を積んできたからか1年前とは明らかに違う落ち着きと自身に満ちた表情。
主にサイドハーフでの起用が予想されます。その成長振りを見せてほしいです。


rum20140209_tanno1.jpg

トリは大分からの復帰となったGK丹野。
ヤマに続いてJ1昇格の立役者として大きく成長した姿をセレッソで見せてほしい。


rum20140209_staff1.jpg

続いてコーチングスタッフの皆さん。良い仕事、期待しています!


rum20140209_daisuke1.jpg

コーチに就任した大輔には会場からひときわ大きな拍手が送られました。
クラブ規模を大きくする事で多くのクラブ出身者をトップや育成組織のコーチに招聘する事は
選手のセカンドキャリアを考える上でも、育成クラブの最前線であるコーチをクラブ出身者が
務めるという点でも良い事だと思います…勿論その拡大には質が伴っていなければいけないと
いう事はフロントも認識していると思いますが。


rum20140209_ranco0.jpg

最後は新監督のランコ・ポポビッチが登場。


rum20140209_ranco2.jpg

今シーズンのクラブの命運は、この陽気なオーストリア人監督に懸かっています。
愛称は「ランコ」で良いのでしょうか?(つづく)

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://goingcerezo.blog115.fc2.com/tb.php/684-6dd87eb6

広告: