Rosa und Marineblau(桜色と紺色)

あるセレサポの一喜一憂する日々
プロフィール

GOING!

Author:GOING!
ホームではバックスタンドで、(たまの)アウェイではゴール裏で応援してます。

本ブログ掲載写真の個人利用はOKです。
撮影者の意図に反する加工等はNGとさせて頂きます。

ブログ内検索

カテゴリー+月別アーカイブ

 

フリーエリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20131212 Thu
2013_J1第34節 浦和 2-5 セレッソ(その3) 

2013_J1第34節 浦和 2-5 セレッソ(その3) 



ベンチに駆け寄るヨーイチローの表情が曇る…と、いう事は…。


rum20131207_win1.jpg

アウェイで上位相手に大勝したにも関わらず固い表情の選手が多かった。
何シーズンも共に戦ってきたレヴィーのラストシーズン…「何か」を勝ち取って終わりたい。
そう思ってこの1年取り組んできた選手達にとって、この勝利は喜べてもこの結果を喜ぶ事は
できなかったのかも知れません。


rum20131207_win2.jpg

チーム、スタッフ全員がサポに挨拶。そんな中、ヨーイチローと楠神の2人はなかなか顔を
上げませんでした。


rum20131207_levir1.jpg

モニさんの発案で先ずはレヴィーを胴上げ。


rum20131207_hodouho1.jpg

続いてホドウホさんも。


rum20131207_hodouho2.jpg

サポへの感謝を示してくれたホドウホさん。


rum20131207_edino1.jpg

エジノも元気で!


rum20131207_levir3.jpg

プレスの方のファインプレー!(ゴール裏から投げ入れられた花を拾ってレヴィーに
手渡してくれたと思われます。)


rum20131207_moni2.jpg

ホドウホさんとガンジーさんを労うモニさん。


rum20131207_levir4.jpg

一瞬、涙をこらえる様に唇を噛み締めたレヴィー。
彼のもとでプレーする選手、彼のチームの戦いをスタジアムで見て一喜一憂するサポ
のみならず、彼の元で成長し、海外や代表で活躍する選手達のプレーを通じて多くの
人たちにサッカーの楽しさを伝えてくれたと思います。
残念ながらタイトル獲得という形で報いる事はできませんでしたが、今シーズン積み
上げたベースから更に上積みができる様、選手達には来シーズンに備えた体のケアを、
フロントには所属選手への誠実な評価と戦力の補強(補充ではなく)に全力を注いで
ほしいと思います。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://goingcerezo.blog115.fc2.com/tb.php/674-9f028de3

広告: