Rosa und Marineblau(桜色と紺色)

あるセレサポの一喜一憂する日々
プロフィール

GOING!

Author:GOING!
ホームではバックスタンドで、(たまの)アウェイではゴール裏で応援してます。

本ブログ掲載写真の個人利用はOKです。
撮影者の意図に反する加工等はNGとさせて頂きます。

ブログ内検索

カテゴリー+月別アーカイブ

 

フリーエリア

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
20160731 Sun
2016_J2第24節 セレッソ 1-3 町田 

2016_J2第24節 セレッソ 1-3 町田 



rum20160721_03.jpg

rum20160721_04.jpg

rum20160721_05.jpg

rum20160721_07.jpg

rum20160721_08.jpg

rum20160721_09.jpg

rum20160721_10a.jpg

rum20160721_11.jpg

rum20160721_12.jpg

rum20160721_13.jpg

rum20160721_14.jpg

rum20160721_15.jpg

rum20160721_16.jpg

rum20160721_18.jpg

rum20160721_19.jpg

rum20160721_21.jpg

rum20160721_22.jpg

rum20160721_23.jpg

rum20160721_25.jpg

rum20160721_26.jpg

rum20160721_28.jpg

rum20160721_29.jpg

rum20160721_30.jpg

rum20160721_31.jpg

rum20160721_34.jpg

前半早々、健勇の泥臭いゴールで先制しペースを握るが追加点を奪えないまま後半へ。

後半開始直後、中盤の緩いチェックから相手に素晴らしいミドルを決められ同点に。

その後もサイドを簡単に崩され逆転を許すと、玉ちゃん、関口、澤上を次々投入するが
ゴールを期待された玉ちゃんは前線にスペースが無くボランチの位置に押し込められ、
田中を下げ、ヤマシをトップいn上げた最終ラインは蛍、松田、マルの3バックに…

素人目にもピッチ上の選手から動揺が伝わる采配には疑問が残った。
その一方、ピッチ上の選手達にも非が無い訳では無い。J1昇格を目指すなら前半の内に
追加点を決める事、後半立ち上がり相手をタイトにチェックする事はお願いしたい。

対戦相手が戦術的にもモチベーション的にも充実してくるシーズン後半。
これを勝ち抜くにはチーム全員が試合展開に応じ狙いを明確にし、それを徹底する事が
最低ラインになる。アウェイ京都戦ではそういう姿を是非見せてほしい。

スポンサーサイト
広告: